« 研究 | トップページ | 漢方調剤室 »

2014年5月30日 (金)

漢方薬(湯液)が患者さんにわたるまで

分量を量った生薬を決められた時間、煎じます。

写真では電気による「煎じ器」を使用しています。

image

熱いうちに茶漉しで生薬のかすを濾します。

image

出来上がった漢方薬は患者さんが内服する直前まで、冷蔵庫に保存します。

image

患者さんが内服する40分くらい前から、ミルクウォーマーで徐々に温め70℃位にします。

image

決められた内服時間に漢方薬が患者さんの手元に配薬され温かいうちに飲んでもらいます。

image

« 研究 | トップページ | 漢方調剤室 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2036865/56357507

この記事へのトラックバック一覧です: 漢方薬(湯液)が患者さんにわたるまで:

« 研究 | トップページ | 漢方調剤室 »